-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-09 (Mon)
「風ノ旅ビト」、海外のPSNでサウンドトラックの配信が決定したそうで。
おめでとうございます! と言いたい所なんですが。がー…。
とりあえず言いたい。一言言いたい。

日本のPSNにはいつ来るのー?orz

「Flowery」のサウンドトラックの国内配信遅れっぷりから言っても
海外と同時にダウンロード開始! なんてな展開はほっとんど…ええ、ほっとんど
期待してなかったんですが、国内配信未定どころか公式サイトで音沙汰無しなのはちと辛いよ…。
ストア更新日かも知れない水曜日を挟むので、まだちょっと期待はしてるんですけどね。

サウンドトラックに関わらず、「風ノ旅ビト」関連はものすっごく海外組優遇なんですよね。
北米版? 欧米版?PSNホームには「風ノ旅ビト」ラウンジがあると伝え聞くし、
既にダイナミックテーマも配信されたらしいし、サウンドトラックも販売間近だし。
特にラウンジではなんだか沢山の旅ビトさんが集っている光景が見られるらしくて
この作品好きの血が騒いでしまうのでした。

……や、英語がからっきしの私が行った所で、すぐ逃げ帰ってくるのは……というか
多分まず海外アカウント取得の時点で盛大につまづくだろう事は想像に難くないから
本当に血を騒がせているだけなんですけども;

これ、日本開発のゲームが好きな海外の方も同じ様な思いをしておられたりするのかな?
だとしたら海外にもちょっと親近感が湧くかも知れない(笑)


ちょっと眠気が凄い為、低速巡航プレイ記は一日お休みー。
もし眠気が覚めたら、スペランカー先生と洞窟探検でもしてきます(笑)
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
2012-04-08 (Sun)
「風ノ旅ビト」公式サイトに『開発者が語る!』的な動画が公開されていた為
早速視聴してきました。
「風ノ旅ビト」の内容というよりは、この作品がどういう経緯で出来たのか、
どういう思いをもって構築されていったのかという方向性で「thatgamecompany」の
クリエイターさん達が語っている内容だったのですが。

何と言うか…この作品を作り上げたのがこのチームで良かった。
このチームだからこそ、この作品を作り上げる事が出来たんだろうな…と思える
素敵な人達でした。

印象的な言葉は沢山あったんですが、その中でもとりわけガンっ! ときたのが
『常に革新的であれ』という信念。
ゲームに限らず何かを作る時『今までに存在しない何かを作り上げる』事は
多分どの創作者さんも考えるだろうけど、それを実行出来るかどうかは
また別の問題な訳で。実行出来ても、世の中に羽ばたけるかどうかも別問題な訳で。

その壁を突破して、正に唯一無二と呼べるものを作り上げてきた「that~」さん
の信念が、凄く素敵なものに思えたのでした。
うん、ここを好きで良かった。


といったところで「風ノ旅ビト」低速巡航プレイ記、末広がりの八回目です。
広い広い砂漠の中、見つけた仕掛けを起動させてみたら──。


それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。



→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
2012-04-06 (Fri)
以前記事にした「glitch」の育てにくいナスについて、コメントを頂いてようやく気付きました。
『eggplant』はナスで間違いないけれど、
『Egg Plant』は多分、いや絶対にナスではないという事に!
……要はエッグとプラントの間にある空間と、それぞれの先頭が大文字である事を無視して
「ナス」と訳してしまったのがそもそもの間違いという事ですね…(笑)
私の英語力のなさが露呈した所で、『Egg Plant』の真相を突き止めたLAMPさんには
ナスのフルコースを食べる権利を(略


既に前置きがなんの関係もなくなってきましたが(笑)
「風ノ旅ビト」の低速巡航プレイ記、幸運の? 七回目です。
二つ目の祭壇の向こうに広がっていたのは──。


それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。

→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
2012-04-05 (Thu)
「風ノ旅ビト」、システム面は今まで散々語った通り余計なものをそぎ落とした作りで
そりゃもう素敵なんですが、グラフィックやBGMもまた秀逸でして。

特にオープニングでいの一番に見られる砂の質感や風に揺れる赤い布の柔らかさ、
旅ビトの挙動や光と影のコントラスト等々、本当に眺めていて飽きないんですよね。
次世代機なら割合普通の事なのかな? でも一つ一つの魅せる表現力が本当に凄い。

そしてBGMもまた、旅路を盛り上げ心を揺さぶる要素の一つをしっかり担っているのです。
進行状態に合わせて自動的にBGMが切り替わる作り(だと思う)のですけれど
これが的確な場面で、的確に気分を盛り立ててくれる訳でして。

それを最初に強く感じたのが、丁度chapter2の終盤なのでした。


といったところで、「風ノ旅ビト」の低速巡航プレイ記、六回目です。
そろそろchapter2を越えようかといったところですが、この先には何があるのやら…?

それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。


→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
2012-04-04 (Wed)
久方ぶり(flash版「flOw」をプレイして以来?)に「thatgamecompany」公式サイトを
覗きに行ってきました。
色々な嬉しいお知らせが呟かれている中、ふっと見てみた「games」のページ。
見慣れた「Journey」「Flower」「flOw」の紹介画像の下に見慣れない画像が…。

え、何? 2006年発表? パソコン専用ゲーム……。
うわわわわ、メーカーファンを名乗りながら全然気付かなかったよ!(涙)

という訳で凄まじく今更なんですが、「Cloud/雲」というゲームが作られていた事に
ようやっと気が付いたのでした。06年って事は、6年越しか…ブログ始める前じゃない。

どうやらフリーソフトだったらしいこの作品。
現在は残念ながらダウンロードリンクがリンク切れor閉鎖されている模様なので
スクリーンショットやムービーから内容を推し量るしかないのですけれど、
自由に青空を飛びながら、点在する白い雲を集めて大きくする…ような感じでした。

点在するものを集める・空を飛ぶ・自然と工場地帯の対比・鉢植えに咲く花など
技術的にも雰囲気的にも後続作品の「Flower/Flowery」と似ている点があって
眺めていて面白かったです。

そして「that~」さんのゲームには珍しく? 人物が登場していたのに驚き。
普通の人間(女の子?)が長いローブの様なものを纏って空を飛んでいる姿を、
つい旅ビトさんと重ねてしまいました。
流石に2006年製のゲームだけあって、キャラの動きは結構ガクガクしているのですが
それでも特有の雰囲気とそれを描く表現力は流石でした。
50万近くダウンロードされたそうなんですが、もしプレイ出来た人がいるなら
感想聞いてみたいなあ…。


さて。長い前置きの後で「風ノ旅ビト」の低速巡航プレイ記、五回目です。
これ、書く程に未プレイの方には読んで欲しくないという思いが出てきますね。
そして既プレイの方に読んで頂くには、何となく気恥ずかしいという……。
書きたいから書き続けますが、未プレイの人はホント、出来るなら先に遊んでみて下さい。

それではネタバレその他どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。


→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。