-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-10-17 (Wed)
どうも、えのんです。
何やらまた「スーパー台風」とやらが来るとか来ないとか……という話ですね。
大阪でも17時過ぎには雨が降り始め、そこから今まで止む事なくずっと降り続いています。
久々の雨なのは良いんですが、本当秋らしい雨の降り方とかして欲しいわorz


さて、久々な感じがする『新・絵心教室』。
Wiiが使えない時にちまちま進めていたんですが、パソコンに繋いでいるSDカードリーダーの
調子がちょっと悪くて、描いた絵をアップ出来ないでいたんですよね。
その症状が無事改善されたので、今回久々のレッスン進行ですb

今回のレッスンは「鉛筆を使った風景スケッチ画」。
色付きの今までの絵と違い、今回は3色の鉛筆とその濃淡でのスケッチ画みたいです。
絵具からガラっと描き方も変わるから、また一から覚えないとですね。

今回は初めての鉛筆デッサンなので、背景の描き込みはなし。
手前に見えている木と葉っぱだけを描いていくとの事です。
まずは輪郭線を取っていって、と。

ki01.jpg

「複数の短い線」を繋げて描く事ができず、いきなり輪郭線が太くなりました(笑)
だ、大丈夫なのか?<私

果たして、初の鉛筆画は上手い具合に仕上がるのでしょうか?
画像多めの続きは、追記からどうぞ~。







輪郭が終わったら……え、もう色の濃淡をつけていくんですね。
木の幹の中で、影が濃く落ちている部分を黒鉛筆で塗っていく、と。

ki02.jpg


木の生えている方向を考えたら塗りやすい…と言われたんですけれども。
幹上方にある細長い逆三角が、失敗を物語っている気がしなくもありません。
まあでも、ここで消しゴムを使うと収集が付かなくなりそうなので、
木が浮いて見えないように地面にも影を付けておいてから、思い切って次へ。
そうだ、芸術は自分の心の赴くままを表現することなのだー!

幹の方の下書きが終わったので、次は画面右側を占めている葉っぱの表現。
(ちなみに、右上の丸は太陽……ではなく、垂れている蔦だか枝だかです)
鉛筆を寝かせてさっさっと、連続する太い線で葉っぱの塊や広がりを表現するんですが……。


ki03.jpg


この変に連続するぶちぶちが菌類に見えてしょうがないの、私だけでしょうかorz
ううむ、勢いがあって葉っぱっぽい感じにするのはちょっと難しかった……。

ともあれ、葉っぱの下書きも終わったので、次は影のハッチングです。
ハッチングとは、影や色の濃淡を、短い線を重ねて表現することだそうで。
所謂トーンを使わない漫画家さんがやっている、かけ編みなんかもその一つでしょうかね。
というか私、最初の部分で既に濃い部分を濃く塗ってしまっていたので。


ki05.jpg


ハッチングで影に見えているのか、地の色で影に見えているのか良く分からん(笑)
でも確かに前後で比べると、線の入った方がちょっと雰囲気が引き締まって見えますね。

同じ要領で右上の枝にもハッチングを施し、葉の塊を引き立たせる為にざっくり線を入れて。


ki06.jpg


……改めて見ると、すごい勢いで幹と葉の融和性がない!
幹だけ浮いているみたいでなんか妙ですね…でも良いんだ、妙でない絵が描けるなら
絵心教室に通ってないもん(笑)
とまれ、最後の仕上げに光が当たって明るい部分へハイライト(白鉛筆)を入れて……


ki07.jpg


完成!
どんなもんでしょ、ちゃんと木に見えますか?

やっぱり最初の鉛筆画だっただけに、「普段より上手く描けた!」という実感はあるけれど
さくらんぼを描いた時みたいな「出来栄えに満足!」という感じがしなかったのも事実でして。
描く事に慣れてきて、ちょっとだけ目標が上になったのかな?

満足いく絵が描けるように、鉛筆に慣れるべく回数を重ねてみましょうかね。
| 新 絵心教室 | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。