-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-30 (Sun)
どうも、えのんです。

花を描かせれば、子供の絵の様なぺったりしたヒマワリが出来上がり。
彫刻刀を持てば、削りすぎて貧相になったネームプレートが完成し。
銅版画をやれば、美術の先生に「ごめん、何か分からん」と評されるネズミを作り上げ……。

そんな私でも、『新 絵心教室』は楽しく続けられておりますですよb
例え3DSの中の先生でも(だからこそ、かな?)1つ1つの手順に説明があって
失敗しても呆れられる事なく最終的には自分の自由に描ける、ってのは大きい気がします。


さて、今回のレッスンの題材は「絵の具でチューリップ」でした。
前回レッスンのさくらんぼでやった事を復習しつつ、更に応用へ繋げる内容になってましたね。
さくらんぼの出来栄えに自分でも満足出来たので、今回も本気でチャレンジ!

まずはさくらんぼでもやった背景の色塗り+背景部分の影付け。
この辺りはざっくりと塗れるのである意味とても楽しい(笑)
影の部分をぼかし(未だにこれの良いやり方が良く分からない私orz)
今回のモチーフは複雑なので、結ぶべき点を幾つか取って、形を作っていくとの事。

まずはここから。

この「ちょん」の加減も、中々に難しいですね;
そして背景の影部分が……やっぱもったりしてるなあorz

ここからちゃんとチューリップが仕上がるのでしょうか…?
という訳で、画像多めの続きは追記からどうぞ!





輪郭線の予定位置が決まったので、今度は輪郭線そのものを描いていきます。
結構細かく方向を変えないといけない場所があるけど…だ、大丈夫大丈夫!

ここはまださくらんぼと一緒。


結果:すっげぇ手が迷いました。
何だか線が掠れている所は、進むべき方向に迷った結果だと思って下さい(笑)
あ、チューリップの右側にも、大きな葉っぱの下地を描き足しています。

さて、輪郭ができたら次は塗り。
ベースの色を塗るのはさくらんぼと同じでしたが、今回は暗い色の部分も塗りました。


塗っていきます。


明るい色を塗り重ねていったさくらんぼとは逆ですねb
若干塗り残しがありますが、後々色を重ねていくのでこの位なら大丈夫です。多分。

この塗りでチューリップ本体の下地ができました。今度は明るい色を更に重ねて……。


明るい色も付けて。


すごくザクザク塗っているのがお分かりになるかと思います。
葉っぱの色とか、右側が特にガビガビしてますしね。
でも明るい色が入ると、絵がぐっとしまるのは本当かも。
私のへにょいチューリップでも、何となくそれっぽく見えてくるんですもん!(笑)

そして、チューリップ…というか、花に良くある濃い色の筋をちょいちょいと入れて。


更に一番目立つアクセントを。


やっぱり入れすぎた。
どうにも私、多めに描き入れたり塗りたくったりしてしまう性質みたいですね(笑)
ともあれ、チューリップもここで仕上げ。ハイライトを入れて、色の境界をぼかしたら……。


完成!


完成!
……うん、相変わらず見本とは若干離れてるけど(笑)チューリップに見えなくはないよね!
とか言って、実際はかなり満足してる私ですb
何しろ今までこんな絵、描けた試しがなかったんだもの!(笑)

ビンス先生は「何度も描く事」が上達のコツだと言っていた事だし、
このモチーフには後々もう1度挑戦してみたいと思います。

1ヶ月くらい地道に頑張ったら、もう少し綺麗なチューリップが描けるかなあ……。
| 新 絵心教室 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。