-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-06 (Thu)
どうも、えのんです。
『ドラクエⅩ』のオンラインプレイ開始という事で、ゲーム本体以外の要素にも
ちょこっとずつ手を付けていっています。

まず覗いたのが、ゲーム内でも誘導されていたプレイヤーサイト「目覚めし冒険者の広場」。
オンライン部分の説明書が同梱されていない今作では、困ったらとりあえずここ覗こう!
と思える場所になっていました。

プレイヤー専用のマイページは勿論、キャラクターやチームなんかの検索が出来たり
ゲーム中に撮った写真を見る事が出来たり、ゲームがもう一味楽しくなる感じ。
それに何より驚いたのが、プレイヤーの皆さんの意見が投稿されている掲示板でした。

もうね、みんなの意見や思いの熱いこと熱いこと!
本当に「ドラクエのオンライン」が好きなんだなあと思えました。
私は基本、そこにあるものを最大限楽しもう…という思考の為に、改善案や批評を出す事が
まずないタイプのプレイヤーなのですが、あの場に載っている積極的、意欲的な意見を
見るのは良い刺激になりましたよ。
これからも色々な考えの人が増えるだろうけど、あの雰囲気を保って欲しいものですね。


で、もう1つ。3DSでダウンロードするソフト『冒険者のおでかけ便利ツール』。
こちらも今朝方ダウンロードして、すれ違い登録を済ませて来ました。
これを使えば、オンラインプレイをしているプレイヤーさんとすれ違い通信が出来るのだとか。
今日はまだ外出していないので(笑)どんな感じのすれ違いになるかは分かりませんが
すれ違った人とオンラインゲーム内ですれ違う事で、ポイントが貰える「ダブルすれ違い」なる
機能もあるそうです。ううむ、すれ違いと本編プレイと、どちらも捗りそう。

便利ツールの中には他にも色々と機能があるのですが、いかんせん私のプレイがその辺りの
機能を使いこなす場所にまで追いついていないので、一旦お預け。
暫くはのんびり、レベルを上げつつシナリオを追いかけたいと思いますb


……あ、そう言えば忘れてた。
今回はこんな感じのキャラで冒険に出ています。

うちの主人公。

ウェディの旅芸人、この記事を下書き(笑)した時点では、レベル5のクライトさん。
写真撮るの、結構難しい……いつかバトル中の写真なんかも撮ってみたいんですけどね。


では、いつもの通りに諸々OKな方は、追記からプレイ日記をどうぞ~。





○ オンライン2日目 ~ 旅芸人なのにヒトミシリーとはこれいかに ~


村長からの指令で、ヒューザと競いながら洞窟の水を汲んでくる事になった主人公・クライト。
先に帰ってくれば一人前と認められ、「シェルナー」と呼ばれるものになれるそうです。
もそもそとレベル上げに勤しんだお陰で、どうにかスライムなら微少ダメージで倒せるように
なった事ですし、ひとまずは指定された洞窟だけ拝んでおこうと村を出発~。

そう言えば…昨日はほとんど慰霊の浜まで突っ走ったお陰で、バトルの回数をこなせず
気付かなかったのですが、戦っている他プレイヤーの側へ行くと「おうえん」コマンドが
出るんですね。
で「おうえん」すると、応援された側のテンションが上がって攻撃力が上がると。

これ、結構嬉しいんですよね。何せほぼ1ボタンで出来るし、どちらにもデメリットが無いし。
気楽に出来る分、チキンでも辻「おうえん」が楽々ですb
最初に「おうえん」して貰った時にはチキンの礼に漏れず、咄嗟にお礼が言えなかったので
ジャンプして感謝の意を示しておきました。…通じたかどうかは分からないけれど(笑)

で、咄嗟にお礼が言えない(焦ったりとか、キーボードが無かったりとか)人の為に
これまた1ボタンですぐに言えるお礼の定型分も用意されていたりして。
この辺り、オンライン初心者が多いだろう今作の優しさですね。


そんな感じで道すがら「おうえん」したりされたりしつつで、どうにか目的地の洞窟へ。

……うわ、敵の強さ段違い過ぎる。

スライム・モーモン、良くてドラキー辺りしかうろついていなかったフィールドに比べて
洞窟の中は強めの魔物で溢れておりました;
名前忘れたなあ…何かタコっぽいのとか、スライムつむりとか、メーダとか。
少なくともレベル5ではタコっぽいのにもかなり苦戦しましたよ。

周りにいる同じレベル帯の人に声をかけて、一緒に進めば良いんでしょうが……
そこは、チキンの悲しさよ。
ギリギリ死ななそうな体力をホイミやらやくそうで保ちながら、強そうな敵は避けに避けて
地底湖まで行き、どうにか水を汲んで帰ってきましたorz
「おうえん」なら気楽に出来るのに、なかまに誘うのは勇気がいるなあ…困ったものです。


帰りもやはり敵をうねうねと避けつつ、頑張っている同レベル帯の人に「おうえん」はしつつ
MPを切らしながらどうにかレーンの村へ帰還。
クライトの帰りはヒューザに一歩先んじる事が出来たようで(そうでなければ困るけど…笑)
村長から、無事シェルナーに任命される事が出来ました!
…この時のヒューザの表情とか、ヒューザの横を通り過ぎてまっすぐこっちへ向かってくる
アーシクの無邪気さとか、見ていてちょっぴり胸の痛いものが…。

どうやらシェルナーは一人前の証であると共に、新郎新婦の見届け役というか、
世話役的な側面も持っているようで。
早速シェルナーの仕事として、洞窟よりも更に遠くの宿屋で待っている花嫁を
レーンの村へと連れ帰って来るよう、村長から新たな指令を受けたのでした。
…レベル、どうにか7になった程度なんだけど……この先大丈夫なんですかね?(笑)


今回の感想…
・「おうえん」ラブ
・旅芸人にもテンションアップの特技があると良いな
・アーシクへの印象→×信頼ならん ○無邪気すぎる…
・ゴールドが貯まりにくくて辛い
| ドラゴンクエストⅩ | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。