-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-26 (Sat)
どうも、えのんです。
実用キャラグッズを中々使う事のできない性分な私ですが、なめこの弁当箱をフル活用
してくれている母君を見習って、なめこシールを開封して使ってみましたb
とりあえずはipodの裏のカバー部分と、携帯の前面液晶の下にぺったり。
携帯を横向き・垂直に置くとあたかもなめこが生えてきているようで中々気に入ったんですが、
それを見た父君の感想がこんなでした↓

「あー、最近気に入ってるやつな。何やったっけか…ああ、分かった。しめじ

……父よ!それは似て非なる原木仲間だ!(笑)


さて、そんな前書きとは関係なく(笑)いつの間にか久々になってしまったパルテナ日記です。
もう発売から2ヶ月が経つんですねえ…そろそろ全章9.0クリアの猛者も増えてきた頃かな?
低速巡航の我が家は、今日のプレイ記でやっとこ19章突入です。
(何かおかしいと思ったら、前回プレイ記の章番号が間違ってましたね; 失礼しました)
驚くほど冷徹な女神と化してしまったパルテナ様、救う手立てはあるのでしょうか…?


ではネタバレOKな未プレイさん、ネタバレの心配が無い既プレイさんは追記からどうぞー。
開き直った長さなのでお気を付けてb







○ 第19章 ○

前章で衝撃の変貌を遂げている事が明らかになったパルテナ様とその軍。
あれは絶対にパルテナ様じゃない! その思いを支えに、ピットはパルテナ様を救うための
切り札を得る為、ナチュレの加護を受けながら遥かな天空を目指します…。
神器は全章に引き続き狙杖シャープレーザー。狙杖には大分慣れましたが、さてどうなる事か。


空中戦…久々で聞く気がするピットの掛け声と、それに応えるナチュレの号令。おお、新鮮。
今回の目的は、銀河の星々の間を駆ける「光の戦車」を手に入れる事のようです。
彗星にも匹敵するこの戦車の力があれば、パルテナ神殿を守るフォースフィールドも
破れるだろう、と。

で、当然その戦車を御す事になるのはピット君な訳で。
エアバッグ無し、死ぬかもしれない、おまけに死んだってなーんの保障も無し、の危険な作戦。
勿論最初は却下と叫ぶものの、ナチュレの励まし(?)とパルテナ様の危機を想う心でもって
パルテナ親衛隊隊長は、危険な作戦に挑む事を決意するのでした。
…若いのに部下の鑑過ぎるでしょう、ピット君…しかもまだ10代ですよね?
彼のラーメンはメンマどころか、チャーシューもだくにしてあげて下さい。本当。

うん、でもまさか人間大砲ならぬ、天使大砲で空の彼方へ行かされるとは思わなかった!(笑)
一応月や銀河まで飛べる翼でも行けない場所にあるとか…光の戦車、パネェです。

んでまあ、何とか無事に光の戦車が通過する地帯にまで吹っ飛ぶ事が出来たピット君。
本拠地に帰る途中の光の戦車を偶然見つけ、逃しちゃならねえとその後を追う事に。
ところがハデスのおっちゃんも顔を出してきましたよ。そりゃ固いバリアさえ破れるとしたら
いくらでも他の事に転用出来そうですもんねえ。「光」の戦車が冥府の軍勢を乗せてくれるかは
結構疑問が残るところですが。

という訳で光の戦車に乗って若い子にモテモテになりたいおっちゃん(自称)の妨害も受けつつ
何とか戦車の本拠地を見付けて地上戦へ突入!
今回は割とHPゲージにも余裕がありました…良かった良かった。
ただ、そろそろスペシャルアタックも上手い事使っていかないと厳しくなってきましたね。
初見6.0での挑戦が無謀なのか……地上戦でヤラレチャわないと良いんですが。


地上戦…光の戦車の番人という人が、どうやら高い高い高~い塔の頂上にいるとの事。
という事は、この人を説得しないと光の戦車は出動できないという事でしょうね。
一応平和的に戦車を貸してくれるよう説得してみるピット君でしたが、相手側は聞く耳持たず。
突然押し入って理不尽な要求を突き付ける不届き者、と一蹴されてしまいました。
うーん、正論。というか貸してくれと言われてホイホイあんなものを貸してしまったら
番人の意味ありませんもんね。やっぱり自力で塔を登って、拳で話をつけるしかないのかー。

…と決意したは良いものの。この塔……本当に高さが半端ありませんでしたorz
そろそろ終わりだろう、と思ったらまだ先があるという…ちょっと心が折れそうでしたよ。
再プレイではそう長いと感じなかったんですが、初見は本当に辛かった;

で、この塔がどれくらい長かったかと言いますと。

第1階層…冥府軍もぐら叩き
第2階層…動く足場
第3階層…入れ替わるダメージ床
第4階層…柱の上に陣取る冥府軍
第5階層…ドンキーコングごっこ
第6階層…フロートリング付きスケート場
第7階層…冥府軍には効果無しの地雷原
第8階層…小死神ボウリング
第9階層…突風の吹く小部屋
第10階層…ビートルで走る光のコース
第11階層…ダイヤモンド射的
第12階層…ドーナツ状の足場と奈落
第13階層…立体迷路
第14階層…冥府軍ザコ戦
第15階層…ギガス無双戦
第16階層…美人付き混浴温泉

これくらいです。おまけに階層間にもエレベーターの類は無く、塔の外壁を巡る足場を
地道に登らなければなりません。
それぞれの場所にいる敵の数こそ少ないものの、この繰り返しが結構辛かった…。
おまけに12階層の足場から落ちに落ちて、次の立体迷路でヤラレチャいましたし。
丁度辛くなってくる頃に下画面の掛け合いが入るのは流石だと思いましたけどね。
それを差し引いてもちょっと作業感が強かったです; それぞれの階層は特徴的なのになあ。

で、戦う間にも神々のお話がある訳で。どうやらハデス、プット…いやいや、ピット君が
指輪にされていた事も知っていた様子です。ナチュレもピットが乱心した(仮)パルテナ様の
側にいない事は知っていたっぽいですし、どうも詳しい原因を知らないのはピットだけって
感じがしますね…真実も近い内に分かるのかな?


ともあれ、長い長い塔を踏破し、温泉に浸かった後はいよいよボス戦。戦車の番人との対決です。
今回のボス戦は自動的に走る馬車(?)の上に乗り、光のコースを走りながらの戦い。
番人が光の戦車を曳いている2頭の馬の内の1頭をこちらへ貸してくれるので、それに乗って
正々堂々力量勝負! という事だとは思うんですが……。
正直平地でのボス戦の方が余程楽だったろうなあと思いましたorz

何せ戦車(の半分)、勝手に前方向へ進んで行きますからね。
相手が前にいる時は後方にばら撒かれる攻撃を避けつつ、後ろにいる時は後ろを向きつつの
狙撃になるので結構面倒でした。暫くはばら撒き攻撃の避け方がさっぱり分からなくて
(普通にスライドパッドで回避、で良かったっぽい)食らいまくりでしたし
一時はブレイク寸前の状態にまで陥ってしまいましたよ;

でも危うい所で遠距離の狙撃が決まってぎりぎりながらも番人撃破!
光の戦車の番人は清々しいまでの潔さで、光の戦車を託して消滅してしまいました……。
…この人、何故かハデスのおっちゃんと同じ声してるんですよね。
多分この作品中唯一の二役だと思うんですが…何か意味があるのかな。
戦闘中に聞ける台詞もちょっと意味深ですし。おドールに何か書いてあったりして?

ともあれ番人を撃破した事で、光の戦車を使えるようになったピット君。
次はこの戦車を使って、パルテナ神殿に直行でしょうかね。


※狙杖シャープレーザーの感想…使いやすい。やっぱり狙杖カテゴリが一番好きです。
スナイパーショットより弾筋が見易いし、撃ってて楽しい感じがしました。
でも今の所一番気に入っているのはスナイパーショットで変わりなしだったりする(笑)
| パルテナの鏡 | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。