-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-13 (Sun)
どうも、えのんです。
年に1度の母の日…まあ何でも大体年に1度の日が多いですが、それはともかく(笑)
良い1日を過ごせましたか?
祝われる人にも祝う人にも、今日と言う日が素敵な1日でありましたように。

あと昨日の記事に拍手下さった方、ありがとうございましたv
素敵な1日、過ごせましたか?


さて、ちょっと飛び飛び更新になってきたパルテナ日記。今回は第19章です。
実の所、この前書きを書いている時点では既にエンディングを見終えているので
当時の(と言っても精々が数日前だけど)自分が書いた文を見返すのが面白い…(笑)
メモ取りながらのプレイは時間がかかりますが、こうして自分でも軌跡を振り返れるのが
一番の楽しみかも知れませんね。


激動の第19章プレイ日記は、いつもの如く追記から。
ネタバレOKな未プレイさん、ネタバレの心配が無い既プレイさんは、折り畳みを開いちゃえー。
ただし、今回相当縦長です。読みきるにはちょっと覚悟と時間がいるかも!




○ 第18章 前半 ○

章の題は「三年の歳月」。オーラムラーズが宇宙へ還ってから、いきなり三年後の話ですか!?
って事はまたオーラムが帰って来るか、一瞬仲良くなった冥府軍自然軍と交戦するのか……?
とか思ったら全く予想外の展開が待っていました。
選んだ武器は狙杖シャープレーザー。ただ、今回はほとんど活躍の機会がありません(笑)


空中戦:今日も今日とて……あれ、空中戦が始まる気配がありませんね。
いつもなら元気よく右手からやって来るピット君が、何だかぼんやりした様子。
混沌の遣いがどうとかと呟いていますが、いきなり過ぎて話が良く分からない。
上画面には綺麗な指輪が表示されているけれど…と、指輪が誰かの手に拾い上げられました。
画面に映ったのは幼い女の子。…ピット君、まさかまさかで指輪にされてしまったみたいですΣ

指輪にされたというか、指輪に封印された、が正しいのかな?
ともかく、自分の意志では一切動けないようで。何が何だか分からないピット君でしたが、
強い意志の力でもって、指輪をはめた女の子の体を動かす事に成功します。
ここから暫くは、この女の子を操作して先に……ううむ、こりゃ空中戦どころじゃないですね;


ピット指輪物語:女の子や通りすがりの犬の体を借りて、人間のものらしい町へ急ぎます。
犬の方はまだしも女の子はぽてぽてー、としか走れないのでちょっとやきもき。
でもここのBGMは凄く好きです。展開に合わせてどんどん曲調が変わっていくし。
あと、女の子の仕草も非常に可愛くて好きです(笑)待機モーションかわええよー。

でも…目指した町には黒煙が上がり、おまけに上空にはイカロス達の姿まで!?
イカロス達がいるという事は、町に黒煙の上がる事態を招いたのはパルテナ様、という事。
驚きを隠せない様子のピットの前へ、今度はもう1人のピットが姿を現します。

ブラピではなく、白い翼に栗色の髪の紛う事なきピットが、町へ向けて神弓を放つ姿……。
なんか泣きそうというピットの感想にも頷けます……私も何が何やら。
うーん、あのピット=ブラピではないですよねえ。ブラピがわざわざ白くなるとは思えん(笑)

犬の姿だと、イカロスに攻撃もされない代わりに、こちらから働きかけも出来ないんですね。
町中にたむろするイカロスを横目に、時々犬の食欲に負ける体に手を焼きつつ(笑)町の奥へ。
広場でイカロス達を蹴散らしていたのは…おおおっ、マグナじゃあないですか!
何してたんすかあなた! 第2章に出たっきりで!

知人に気付いて欲しいとばかりに、犬の体を使って精一杯指輪の存在をアピールするピット君。
鬱陶しそうなマグナの表情が秀逸でした(笑)でも実際に邪険にはしない…素敵です。
かーなり危うい所ではありましたが、マグナはピット入り指輪をはめてくれました!
ピットの意思が体を動かすせいで、マグナもキャラに似合わないガッツポーズをしちゃったりして。
ともあれ、ここからはマグナの体を借りて先に進めるみたいです。
…体、ちゃんと傷なしで返せるかなあ…多分無理だよなあ(笑)


地上戦:今回はイレギュラーもイレギュラー。マグナの体を操作しての地上戦です。
…うん、結論から言うと1回ヤラレチャいました(笑)これで通算4回目ー。
鍛え上げられた肉体・イカロスマッチョとの電流デスマッチ(に見える場所)が超・鬼門で。
あの抱き着き攻撃、本当に苦手。何度やっても1回は必ず抱き着かれてしまいます。
コンティニュー時に立ち上がるキャラがマグナに変わる、という小ネタが収穫ですかね…(笑)

ともあれ、ピットが指輪にされている間の事も、マグナは全て見てきたようです。
冥府軍と自然軍が戦う最中に姿を消したパルテナ軍、それから流れた三年の月日。
そして三年の後、突然地上を攻始めたという天界の軍勢……うん、本当に謎だらけ。
オーラムの件が解決したら、神様軍はやっぱり敵対関係に戻っちゃったんですね…少し残念。

マグナは人類の敵となってしまったピットを倒すべく、この町の天界軍と戦っていたんだとか。
ひとまずは自分の体(らしきもの)を取り戻す為、ピットも天界軍と一旦戦う事を決意!
しかしパルテナ様、本当にどうしちゃったんでしょうね。
確かなのは、冥府軍とは交戦を続けている様子があるから冥府軍の仕業でない、という事だけ。
本当に謎だらけですね……ピットが指輪化している間に、一体何が起こってしまったやら。

その途中で、ケークが浸かっている温泉へ。どうやら奴を追うと温泉に戻れなくなる地形みたい。
私は迷わず温泉に浸かりましたけどもb 浸からないと、またヤラレチャいそうだったし。
温泉の中で二人の小話が入る訳ですが…マグナの何がいるか分かんねえぞ、の言い方が
悪戯っぽい&色っぽくて吹いた。そしてその後のピットのほれポロリと、の流れで更に吹いた。
何やってんだ、男の子達(笑)

狙杖を選んだのに、ここの地上戦はマグナの持っている武器で固定になるみたいですね。
巨塔以上に遠距離攻撃が出来ないけど、攻撃力が物凄く高いので意外と楽でした。
天界軍の護衛用戦車・パルテノートもガシガシ破壊しながら、町の中心部と思しき場所へ…。
円形の広場へ降り立ったのは、目の光を無くしているピットの抜け殻。
自分を取り戻す為、マグナの助けを借りて一戦やらかすと致しましょう!


ボス戦のお相手はピットのからだ。神弓の遠距離攻撃を中心に攻めてくるので、
攻撃手段が近接しかないマグナにはやや戦い辛い相手でしょうか。
それと道中もそうですが、奇跡を一切使えないのが地味に辛かった! 回復も出来ないし。
でも敵弾をかわして距離を詰め、ダッシュ攻撃→打撃コンボ、の繰り返しで何とかなりましたb
倒した自分の体に指輪をはめて、ピット君大復活!
嬉しそうな様子に思わずほっとしてしまいましたよ。

飛べないピットは空に向け、パルテナ様に向けて飛翔の奇跡を願います。
空にピットの願いの声が響き渡った時、なんとその翼に飛翔の奇跡が!
マグナを広場に残し、ピットは奇跡の力で空へと舞い上がります。
おおー、これはパルテナ様が呼んでくれているのかな?


空中戦:と思ったら、ピットに飛翔の奇跡をかけてくれたのはなんとナチュレお嬢!
驚いた様子のピットに、パルテナに出来る事で自分に出来ない事は無い! と豪語するナチュレ。
よく見れば翼の光の色が緑っぽくなってますね。パルテナ様の奇跡は青い光だし、
これはお嬢の力で間違いないんでしょう。見た目少女でも、流石は神様です。

ともあれナチュレの力を借りて、イカロスとパルテノートがはびこり
強風吹きすさぶ空を一路エンジェランドへ。
パルテナ様の無事を神頼みしつつ(確かに誰に届く頼みごとなんだか分かんないですね…笑)
空を飛んだピットが目にしたのは……
荒れ果てて輝きを失い、かつての美しさをすっかり失ったエンジェランドでした…。

驚くピットの前で、神殿の背後に浮かび上がるパルテナ様の姿。
…しかしその目もその言葉も、驚く程冷ややかで。
時代は変わる、人間に愛想が尽きたから人類の敵になった、と冷たく話すパルテナ様。
巨大な浮島を投げつけながら、意識が戻ったならここで死になさい、とピットへ告げてきます。
…うむむ、これは絶対パルテナ様じゃあないな。操られているか、誰かの騙りか。
ピットも誰かに操られているんだ、と力強く断言します。そうだそうだ、言ってやれー!

真相を確かめるべく神殿へと突っ込むピットですが、神殿が強固な力場に守られているせいで
空中へと弾き返されてしまいます。制御を失い投げ出されるピットを、しょうがないと言いつつ
ナチュレが回収してくれました。お嬢、意外と面倒見良いよなあ。


これから暫くの間はナチュレの神殿(?)から出撃する事になるみたいです。
ホームの絵柄もナチュレのものに変わって、何だか雰囲気がガラっと変わりましたねえ。

オーラムを撃退したと思いきや、突然に過ぎる展開……この先、一体どうなるんでしょう?


神器の感想はお休み。次章もシャープレーザーでいくよー。
| パルテナの鏡 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。