-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-06 (Sun)
どうも、えのんです。
長いGWも最終日の夜、サザエさん症候群に罹っていたりはしませんか?
明日からまたいつも通りの毎日が始まる方も、連休何それおいしいのだった方も、
五月病に陥らないよう頑張って、頑張った後にはしっかり遊んで行きましょー。


さて、なめこへの旅路で1日空いたパルテナ日記…の前に、ちょっと懐かしいもののご紹介を。

昔懐かしゲームブック。

どーん。双葉文庫出版のファミコン冒険ゲームブックシリーズ『光神話 パルテナの鏡』ですb
1970~90年代生まれの方だとか、私みたくゲームブックに個人的にハマった人間には
「ゲームブック」という言葉も馴染み深いと思うのですが、それ以外…
特に今の10代の方とか、もうあまり浸透していないかも知れないですね。

ゲームブック=指示の通りにパラグラフを読み進めていき、エンディングまで辿り着いたら
クリア、という言わば人力でフラグ管理を行うアドベンチャーRPGです。
で、これはタイトル通り『光神話 パルテナの鏡』を下敷きにしたゲームブック。

本編とは違い、普通の冴えない中学2年生「鏡光夫」君が魔法の本の中でピットになり
メデューサに捕われた女神パルテナを助けに行く…というストーリーになっていました。

主人公が厳密にはピットじゃない事は兎も角、本の中にはメデューサやタナトス、
ヒュードラーもちゃんと顔を出していて(話の流れは原作とは相当違いますが)
今読み返してみると結構面白かったです(笑)ゲームブックの難度もそう高くはないかな?

少し前にDSiウェアで「妖怪村の悪夢」がデジタル化されていたとは言え、ゲームブックも
すっかり下火になってしまった今、この手の本を探すのはちょっと難しいかもですね。
このシリーズには他にも『ゼルダの伝説』や『MOTHER』があって好きだったんですが。


では、改めましてのパルテナ日記。今回は第13章です。
ナチュレ率いる自然軍の侵攻を止める為、ピットとパルテナは天空高くのとある場所へ──。

ではネタバレOKな未プレイさん、ネタバレの心配が無い既プレイさんは追記からどうぞー。





○ 第13章 ○
今回相対するのは、自然軍幹部・静寂のアロン。…なんか名前からして静かそうな人ですね。
夜空に浮かぶ2つの月の内、人工物らしい片側の月へと突撃します。
今回の武器は…12章と同じです。そ、狙杖が楽だからじゃないんだからね!


空中戦…冒頭にピットが歌う歌で盛大に吹いた(笑)不意打ち過ぎるだろ…!
パルテナ様も、歌い終えたピットに対しどう対処したら良いか若干迷っているような。
ともあれ向かう先は静寂のアロンがいる月の神殿。
ビームの降り注ぐ中を掻い潜り、神殿の程近くへ…到着した所で、アロンが出迎えてくれました。

おおっ、爺キャラ…!

今までにない柔らかな物腰と丁寧な口調で、パルテナ様との会話も終始物柔らかに進みます。
ちょっと髪の毛がサイバーで、顔色が良過ぎる事を除いたら普通に好みかもしんない。

でも攻撃&トラップの方は容赦なし。そりゃ、対侵入者なんだから当たり前かも知れませんが。
狭い通路に張り巡らされたレーザー、姿を消せる伏兵、おまけに目の前で閉まる壁と、
今までの空中戦では指折りの忙しさだった気がしました; 爺ちゃん、意外と腹黒いな…!
壊せる壁を見分けるまでに時間がかかったせいで、トラップを抜ける頃にはもうずたぼろorz
何とか地上戦へ持ち込む事が出来ました…ふいー、怖かった。


地上戦…前回の爆弾要塞とは違い、こちらの神殿は金色基調で物凄いきらびやか。
でもどうやら、内部もやっぱりトラップ満載なご様子で……;
第1のトラップはホログラム。敵ホログラムは攻撃してこないから無害だし、扉のホログラムは
パルテナ様のナビゲートで看破出来るんですが、咄嗟の時にはこれが結構ややこしい。
乱戦の時なんかは間違えて何度もホログラムを撃ってしまいましたorz

第2のトラップは切り替えが必要なグラインドレール。
基本赤のスイッチを撃って青にしていけば良い…のかな?
何となく青にしていったら問題なく進めたんで、ステージクリアする分には
多分それで間違いないと思います。途中にアイテムとかがあったかどうかは未確認ー。

第3のトラップは鏡の間。鏡に映っているのが正しい部屋の光景…というあれです。
その昔『マリオ64』にもこんな仕掛けがありましたね。いやあ、懐かしい。
隠れた通路を探して、隠れたスイッチを探して、隠れた道を辿って…最後の隠れた道だけは
何度落ちたか分かりませんが(笑)ともあれ鏡地帯もクリア!
その先に待っていたのは……え、ブラピ!?

どうやらアロンがピットの来訪する事を伝えたら、ブラピは自分からやって来たみたいで。
あの時は見事なデレを発揮してたのに、もうツンに戻ったのか…と思いつつも対ブラピ戦。
どうもど真ん中にある球体が気になって仕方なかったので、ブラピよりもそっちを射撃する事に。
射撃する度に小さく、色が濃くなっていって…「制御コア、破壊しました!」
……ええと、何の制御コアだろう、これ? 神殿の制御コアならまずくないかい?

良く分からなかったものの、まだブラピとの対戦は続行しているようで。
動き回る&的確に撃ち込んでくるブラピ相手に狙杖はちと辛く、
一度ブレイク状態まで追い詰められてしまいまいたが何とかギリギリ撃破!
危ない危ない、ここ最近の章は常に綱渡りな感じがします;

神様ドリンクを飲んで、いざボス戦…と思いきや、まだ道があったのですねorz
1章をプレイしていた頃に比べると、1つ1つの章の長さがかなり延びてきている気がします。
道中でアロンのお茶目な面を垣間見たり、ナチュレへの忠節で更に好きになったり(笑)
三日月形の温泉に入ったりしながら、かなりの長さの道のりをどうにか潜り抜けて
やっとこアロンの待つ部屋へと辿り着きました…!
メモ残しながらなんで、ここまでで13章プレイ開始から既に1時間くらい経過しています;


ボス戦は言わずもがなで、お茶目な腹黒爺ちゃんこと、静寂のアロン。
細っこい体で何をしてくるやら…と思っていたら、周囲を真っ暗にするじゃあないですか。
最初こそちょっと焦ったものの、落ち着いて見てみれば攻撃の前兆で必ず場所が分かるし、
おまけに背が高くて星空が見える部分(暗闇でない部分)にうっすら黒い影が映っているしで
それが分かれば普通にブラピ戦よりもやり易かったですb
ちょっと本気を出された後には苦戦したものの、無事に撃破!
というか、正に狙撃! って感じで楽しかったー。
これ、ボス戦だけやれる機能とか欲しいですね。13章の道中をすっ飛ばしたい…orz


崩壊していく神殿から、アロンはどうやら無事に脱出出来たみたいで一安心。
……うん、正直あの爺ちゃんが今後も喋ってくれると思うと嬉しかったりします(笑)
| パルテナの鏡 | COM(2) | TB(1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
まとめtyaiました【飛べない天使、月へと向かう。】
どうも、えのんです。長いGWも最終日の夜、サザエさん症候群に罹っていたりはしませんか?明日からまたいつも通りの毎日が始まる方も、連休何それおいしいのだった方も、五月病に陥らないよう頑張って、頑張った後にはしっかり遊んで行きましょー。さて、なめこへの旅路で... …
2012/05/07 03:27  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。