-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-02 (Wed)
どうも、えのんです。
昨日今日と休みを取って9連休にされた方も、今日は雨格子で家の中…が多かったかと思います。
明日からは暦の上でも連休ですし、晴れる事を願いたいですね。
いや、私は単に仕事先への移動が大変だからという理由ですがorz


さて。『パルテナの鏡』ですが、相変わらず寝る前にちょっとずつ進めてます。
後半へ行くに従って章の長さが段々ロングになってきたので、1日1章のペースで。
正直第1章をやっている時には1つの章がこんなに長くなるとは思いませんでした(笑)

と言うか「みんなで」に慣れてしまうと「ひとりで」が凄く長く感じますね。
ファイル選択画面の達成率が50%を越えたので(プレイは既に14章まで進んでいます)
そろそろ折り返し地点かな、とは思うのですけれど。

そんな感じでじわじわ進むパルテナ日記、今回は10章です。
軽ーいおっちゃんハデスに、何やら喧嘩を売られたようでして……。


ではネタバレOKな未プレイさん、ネタバレの心配が無い既プレイさんは追記からどうぞー。





○ 第10章 ○

メデューサを撃破したと思ったのも束の間、顔を出してきた真の冥界王・ハデス。
今回はハデス率いる冥府軍の狙う「願いのタネ」を、冥府軍より先に確保するのが目的です。
この章から、1章毎に神器を変えてみる事にしましたb
今回持って行ったのは「豪腕おわん」。選択理由は見た目とネーミング(笑)
まさか、あれだけ苦戦する羽目になるとは思いませんでしたが…orz


空中戦…何でも願いを叶えてくれるらしい「願いのタネ」。
そりゃ冥府軍でなくたって欲しがるのは分かります。そんなの私だって欲しいよ。
ピット君は空を自由に飛べる様になりたいんだそうですが…なんか切ないのは何でだろう(笑)
パルテナ様にも軽ーく流されますしね。でもあれ、結構真面目な願いな気がするなあ…。
しかし「冥府軍に利用されるくらいなら、僕が願いを叶えてやる!」って、
それは正義の味方のセリフじゃないぞ(笑)

ここの空中戦はとにかく地形ダメージが厳しかった!
地面から壁からガンガン噴き出してくるマグマにさっぱり対応出来ませんでしたorz
敵を撃つ事を優先させると、つい地形の把握がおろそかになっちゃうんですよねー。
最初の洞窟に入るまでに既にHPは半分以下になってました;

で、今まで一本道だった空中戦ですが、ここで初めて道中が分岐します。
遠回りだけど安全な洞窟か、近道だけど危険そうな火山地帯突破か。
好きな方を選んで良いとの事だったので…私は迷わず、火山地帯突破を選びました(笑)
洞窟とは言え火山の中にあるし、中でマグマの噴出なんかがあったら狭い分対処しにくそうだし
それなら短距離をガッと抜けた方が良いや! と思って。…思ったんですが!

流石は突破ルート、色々半端なかったです。ピット君宜しく「大丈夫です!」と思っていたら…
敵は多いし、苦手な地形ダメージ部分がやたら多いし、飛行スピードも何か早いし。
選択間違えたーと思った時には既に遅く…初ヤラレチャッタとあいなったのでしたー。
うーむ、まさかホンキ度4でヤラレチャうとは思わなかった。この先厳しそうですね。

ともあれここで諦める訳にはいきませんし、コンティニュー──
って火山地帯突破ルートに入った後からコンティニュー!?
洞窟ルートは選べませんか、そうですか…頑張ります……。
と言う訳で、2度目にも関わらず何とかズタボロになりながら火山地帯突破!
ただ突破した先で選択肢の1つだった洞窟が大噴火していたので…洞窟の方を選んだら選んだで、
あの火山流に追いかけられる羽目になっていたのかも知れないですね。うーん、どっちもどっち。
ピットの靴底を心配しつつ(笑)地上戦へ……。


地上戦…冥府軍は、願いのタネの守り主であるフェニックスに返り討ちにされている、との事。
それならフェニックスに任せて帰ろうよー、私火山苦手だよー…なんてな弱音が通じる訳もなく
火山登頂? の始まり始まりー。

…空中戦でもそうだったんですが、私がいかに狙杖しか使っていないかが浮き彫りになりました;
射程が狙杖>豪腕なので、明らかに豪腕の射程外=狙杖の適正距離から撃ってしまうし。
基本、敵に接近して浄化の経験がほっとんど無いので、豪腕おわんを空振らせてばかりでしたorz

無駄におわんと毬を撃ち出しつつ、それでも何とか次の広間へ。
ここでハデスのおっちゃんとの会話が入るんですが、その時の下画面の様子が面白かった(笑)
何故願いのタネを狙うのか→冥府軍の手違いで両親が死んだ子供がいるので生き返らせる→
一家団欒→何故かツキまくってお金ががっぽがっぽ→王様になってみちゃったりして

というあからさまなウソ展望に合わせて、下画面にその家族のイラストが表示されるという…。
両親生き返ってない! ゾンビや、それゾンビや!……うん、願いのタネは譲れないな(笑)
パルテナ様も端っから信じてはいないみたいです。おっちゃん、タナトス以上に食えなさそう。
そのおっちゃんの誘いをさらっとかわすパルテナ様も、相当だとは思うけど。


やけに長い道をマグマに落ちたりしながら、先へ先へ。
本当に火山苦手だorz うっかりダッシュ射撃を出してマグマへ転落を何回やった事か…。
そして文字通り…というか、物理的に燃えながら火山を上る内、パルテナ様から驚きの一言。
なんと願いのタネに願いを叶える力は無いんだとか。ハデスもそれを分かっていて、
人間界に混乱をもたらすためだけにタネを狙っていたそうです。
みんな、分かってるのに一介の天使には内緒にしちゃってもう……(笑)

で、またヘロヘロになりつつボス戦へ辿り着いた、のは良いんですけれども。
考えてみたら、フェニックスって飛びます…よ、…ね?


ボス戦は道中で何度も名前が出てきたフェニックス。冥府軍との戦いで暴走しているそうで、
明らかに冥府軍ではないピットにも攻撃を仕掛けてきます。
この状態で火山の外へ出したら大惨事という事で、なし崩し的に戦闘へ。
……ボス前の演出で、揺れる尾羽が某ペッコさんに見えたのは私だけでしょうか?(笑)

いやー、ここ程狙杖で来たら良かったな、と思った局面は無かったです;
決戦上の周りを飛び回るからおわんの狙いが定まらないし、連射の毬は地面沿いに進むしorz
1回ヤラレチャってホンキ度落ちたにも関わらず、相当苦戦しましたよ。
回復の奇跡を使いつつ、ついでに願いのタネも壊して、フェニックス撃破!

ハデスのおっちゃん曰く、フェニックスが倒された事は世界に告知されたので、願いのタネが流出したと
噂を広めればそれで良い…との事。そうすれば、後は人間が勝手に争いそうだもんなあ。
天界軍、見事に利用されちゃいましたね。


※豪腕おわんの感想:正直、使いにくかったorz
ため射撃の度に「よォ~っ」て景気の良いSEが入るのは楽しかったんですけどねー。
やっぱり私には遠距離戦が合うみたいです。
| パルテナの鏡 | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。