-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-01 (Tue)
どうも、夜更かし中のえのんです。
この頃色々と遊びすぎたのが祟ったのか、ちょっと左目の目尻に鈍痛が…orz
あまり目が強くない…と言うより…ぶっちゃけ私、目の都合で立体視が出来ない人でして。
右目の見えがあまり良くないので、左目に負荷がかかってしまったのかも知れないですね。
……まあ、それでもちょっとだけと言い聞かせながら遊ぶんですが(笑)


コメントで情報頂いたので、COMとの対戦に臨んでみたところ……成る程、これは便利。
一戦終わる毎に神器(と、たまに奇跡も)が貰えるし、何より気楽に遊べるし。
今現在自分が入手可能か、入手済みの武器だけしか手に入らない&COMも使ってこない
作りになっていると見ましたが、ちょちょっと遊ぶには最適ですね。
正直COMでも何度かボロ負けたので、腕を磨くにも丁度良さそうです(笑)

1つ分かった事と言えば、狙杖は高所を占拠して乱戦に撃ち込むのが良さそう、って事かな…。
凄い煙たがられそうな戦法かつ、ばれたら袋叩かれそうで、実践はちと怖いけど。


さて、じりじり進めておりますパルテナ日記、今回は9章です。
待ち受ける決戦に向けて、士気はいやがうえにも高まっておりますよ。


ではネタバレOKな未プレイさん、ネタバレの心配が無い既プレイさんは追記からどうぞー。
……今回、無茶苦茶長いですよ(笑)




○ 第9章 ○

三種の神器も無事に取り戻し、いざいざ、メデューサとの決戦へ!
って、蹴っ飛ばして装着するんですね(笑)一応『神』の『器』なのに、扱い荒いなあ…。
…借金のカタに質屋送りになる魔具とどちらが酷いかなあ、とか考えてみたりして(笑)


空中戦…ここでは装備している神器に関係なく、攻撃はライトアロー固定ですかね?
狙杖と違って曲がりまくる矢に戸惑いつつも、その威力でもって冥府の奥へ。
ライトアロー、使い勝手は(私にとっては)いまいち良くなかったんですが、何といっても
オーンを吹っ飛ばせるのが魅力ですね。
あのBGMすら軽快に浄化出来そうで何より。いっそその機能だけくれない? 駄目?

途中の縦穴を降下していく場面、射撃したら一斉に襲いかかってきそうなコウモリ=シャッタンの
群れを目の前にして、私は助言に従ってじっとしていたんですが、途中出てくる
ケークに釣られて射撃しちゃった人はどの位いるんでしょうね(笑)
あそこで撃ったらどんな事態になるのか、後から試してみたいです。

そしてそして、縦穴を抜けた先でまさかのブラピ乱入!
予想していた人も多いかもですが、私にはかなり予想外でした。
登場に合わせて流れるテーマソングがすっごく格好良い、のは良いとして
彼は今後、理由も分からないまま天界組2人にブラピ呼ばわりされ続けるんでしょうか…(笑)

暴れたくなったから来ただけで、ピットの事は全っ然関係ないと絶妙なツンデレ具合を
見せつつ、弱点を見せない型破りなボスを空からのストンピングで仕留めてくれるブラピ。
…うん、素敵なツンデレだ…!
ともあれブラピに感謝しつつ地上戦へ。…今回も、命からがらの空中戦突破でしたorz


地上戦…ボス総集編? という事で、今まで通ってきた内の3ステージ・3ボスとの
再戦から幕を開けるこの地上戦。
メデューサ曰く、ここで探索する場所はピットと各ボスの意識を映し出したもので
実際のピットは鏡の前で空しく素振りをしているだけなんだとか。
鏡の前だからなのか、各ステージの印象的な部分も鏡写しの地形になってるんですね。

再生ヒュードラー、パンドーラ、ツインベロスと、奇数章のボスが待ち受けるエリアを
順に回って、特に問題なくクリア!
オーンが沸いていたり、デススカルと一騎討ちする羽目になるツインベロスのエリアが
一番キツいと言えばキツかったですね。
私は左から順にヒュードラー→パンドーラ→ツインベロスと進んだんですが、
選ぶ順番でエリアの内容が変わったりするのかな?

で、ヒュードラーとパンドーラが特に何の会話もなく終わったんで油断していたら
ツインベロスに「ニンテンドッグスに出演させてやる」とは…凄い啖呵だ(笑)
実際にこれが友情出演してきたら、3割くらいはツインベロスになるんじゃないでしょうか。
そんな散歩風景は……ちょっと見てみたいな(笑)

とまれ、全てのボスを倒してメデューサの間へレッツどよん。
流石に決戦だけあって、ザコ敵の配置でさえいやらしい事この上無かったです。
特にオーン+ナスビ使いが面倒というか、怖い怖い。いや、やっぱり面倒。
とりあえず同じ即死効果でも、単体だけ注意していれば良いテンプラ使いの方がまだマシかも。
テンプラ化はまだした事がないだけに、実際体験したら感想変わるかもですが。

何やらぼんやりした様子のメデューサとの会話を聞きつつ、更に奥へ。
確かにメデューサにとってはピットは悪魔的な存在だろうし、パルテナは
かつての美しさを奪った宿敵だもんなあ…とか思いながら先の無いグラインドレールで落下orz
落下地点のあるマップでは、ことごとく落ちてる気がしてきましたよ。

見えない足場(トラップダンジョンと違ってスイッチですぐ見える様になりましたが)と
ザコ総集編をどうにか突破し、いよいよメデューサに対峙する時がやって参りました…!


対ボス戦は、言うまでもなく恋い焦がれる乙女冥府の主・メデューサ。
凄まじく巨大な存在の為空中戦、かつパルテナ様が飛行をコントロールしてくれた状態で
戦う事になるのですが……いやあ、きつかった。
途中何度か明らかに初見プレイヤーを狙った様な攻撃はしてくるし、とにかく戦闘時間が長いし
スペシャルアタックも使い切るしで、ここで初ヤラレチャッタになるかと思いました。

結局ヤラレチャう事は無かったんですが、メデューサを撃破した時のHP、ほんの1ミリ位しか
残っていませんでしたよ。本当怖かったorz
ここは無理に攻撃を仕掛けるより、基本相手の攻撃を避けながらチャンスを狙った方が良いのかも。

例え体力が1ミリしか残っていなくても、勝利は勝利!
メデューサは砂塵へ還り、地上には晴れて平和が戻って……来ないんだなあ(笑)
バレバレの疑似スタッフロール中に、メデューサ復活劇の仕掛け人らしき冥府の王・ハデスが出現。
ものっそい軽そうな性格ながら、どうも地上にちょっかい出すのは止めないみたいで…
今後の目標は、この軽いおっちゃんを倒す事になるんでしょうかね。


天使のお仕事は、どうやらまだまだ終わらなさそうですよ。
| パルテナの鏡 | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。