-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-10 (Tue)
先日「風ノ旅ビト」のサウンドトラックが海外発売決定の報を聞いて

日本のPSNにはいつ来るのー?orz

と吠えてみたんですが……なんとなんと。
どうやら今日の午前中、PSN…ではなく、iTunestoreで配信開始されていたらしいのですよ!
…ええもう、帰って来てから喜び勇んでダウンロードしてきましたとも。
3000円のiTunesカード、使わずに取っておいた甲斐があるってモンです(笑)


ひとまず、一周聞き終わっての感想──。
これ程ゲームをプレイした人の感情と曲が直結するサントラも中々無いよね、という感じでした。

「風ノ旅ビト」をある程度プレイした人にとっては曲で綴る旅路そのもので、
殆んどの曲がどんな所で流れたのか分かると思うし、その時の情景まで思い出せる気がする。
でも全くプレイしていないとか、ちょっと変わった触れ方をした人にとっては
何となく良い曲だけど……で終わる気がするんですよね。

ゲームやドラマのサントラには、多かれ少なかれそういう部分があるとは思いますが
これは特にその部分が顕著な気がします。
沢山の人にお勧めしたいけど、実際にゲームをやっていない方にはまだお勧めしたくない。
そんな不思議なサウンドトラックでした。

ただ音響や曲の山までの長さが違う為か、ゲーム内とは印象の違う曲も少しありました。
何故か全ての曲名の後ろに(1)が付いてるんですが、これ(2)もあるんですかね?


で。今現在どうなっているかは分からないんですが、少なくとも私が購入した時には
サウンドトラック部門の売り上げ1位に、旅ビトさんの姿が燦然と輝いておられました。
何かもう……凄いよね。何処まで行けるんだろう、「風ノ旅ビト」。
一周して世界の果てまで行っても、私・えのんは応援しますですよー。


さて、折角久々にiTunesでアルバム買いをしたからには…やりたいじゃないですか、感想戦!
という訳なので、何はさておきやってみました(笑)
曲の感想というより、半分ゲームの感想になっている、かもしれない!

後半の曲になる程色々ぼかしてはいるんですが、やはりネタバレ色が濃い目なので
諸々大丈夫な方のみ、追記からどうぞー。



注意…『』内はえのんの勝手な訳なので、本来の意味とは異なる場合があります。



1.Nascence
『発生しようとする』『初期の』──。
ゲーム開始前、クロスメディアバーでアイコン合わせて放置していると一曲聞けます。
冒頭の一節が他の色々な曲のモチーフとしても使われていたりして。
この曲、意外と長いんですよね。後半部分がある事に私も最近気が付きました。

2.The Call
『呼びかけ』──。
オープニング~最初の祭壇へ辿り着くまで。
ここは曲もさる事ながら、砂粒の質感に目を奪われた人も多いんじゃないですかね。

3.First Confluence
『最初の合流』──。
初の瞑想中~チャプター2への回廊。
ラスト付近、とある演出が入る部分まで一繋がりの曲になっていました。
周回数を重ねると徐々に聞き流す事が多くなる曲かも…(苦笑)

4.Second Confluence
題名からすると2度目の瞑想中…だと思うんですが、確かかどうかあやふやです;
橋をかけてる最中に聞いた気もするしなあ。気のせいかな?

5.Threshould
『出発点』『境目』──。
布の魚を解放~機械の塔。
ムービーなんかでは、この曲の序盤が良く使われている気がします。
ここはある程度自由に動き回れるので、塔までの曲を長く聞いた人も多いかも。
塔に辿り着く前と後で、雰囲気がガラっと変わるんですよね。

6.Third Confluence
3度目の瞑想~チャプター4への移動シーン。
曲調もまだ大人しめ? な感じが。
この曲のラスト、何度聞いてもわくわくしてきます。

7.The Road of Trials
『試練の道』──。
チャプター4開始~祭壇前。
1曲の中にほぼ1つのチャプター分が入っているので、物凄く表情豊かな1曲になっています。
しかしここ、某トロフィー獲得の為には確かに試練の道ですねえ。

8.Fourth Confluence
4度目の瞑想。
確か白い巨人さんが躊躇うような動きをしていたのはここだったと思うのですが…。
あれが躊躇いらしいと分かるまで、何周もかかってしまいました。
今までの瞑想より、曲も少し重苦しい感じ。

9.Temptations
『誘惑』──。
チャプター5開始~最初の機械魚手前?
曲名を見て一番「?」だったんですが、布や赤札が逃げる→自分が追いかける姿の事なのかな?
この曲が流れている間は、まだ平和で綺麗な海底散歩…なんですよねえ。

10.Descent
『急襲』──。
機械魚出現~祭壇手前まで。
この曲が流れる区間、結構トラウマな旅ビトさんも多いんじゃないでしょうか。
私も安全な道を見つけるまでは、毎回ビクビクしていました。
ラスト周辺がまた焦りを煽る煽る……初回は本当、前方向にスティック倒しっぱなしでした。

11.Fifth Confluence
5度目の瞑想。
瞑想の内容に合う、どこか物寂しい感じのする曲です。

12.Atonement
『償い』『罪滅ぼし』──。
寺院開始~祭壇手前まで。
いやはや、ここでその曲名か…旅を終えた人にはぐっと来ると思います。これ。
個人的にはチャプター終盤、赤い道を渡っていく辺りの曲の流れが一番好き。

13.Final Confluence
最後の瞑想。
私はここも2周目でやっと、内容の意味に気付きました。
何か色々なものが湧き上がって、目的地へ向かう勇気が出てくる一曲ですね。

14.The Crossing
『交差点』『妨害』──。
最終チャプター前半開始~中腹地点まで。
曲名がどちらの意味でも通じる気がするけど…実は立体交差点なんですよね、あの地形。
この曲が鳴っている間は、まだ寄り添い歩きを楽しめる…のですが……。

15.Reclamation
『教化』『再生』──。
最終チャプター中腹~難関手前まで。
ここに辿り着くまでの事を思うと、ちょっとほっとする曲です。
辿り着くまでが辿り着くまでだけに、自然に相棒と寄り添って歩いていたりして。

16.Nadir
『天底』──。
最終チャプター終盤まで。
曲調が一気に厳しくなります。同時に、旅ビト達が行く道も。
プレイ中は必死過ぎてあまり聞いていなかったんですが、じっと聞いたら聞いたで
何か落ち着かないというか、不安定になってきます。この曲。

17.Apotheosis
『神格化』──。
~エンディングまで。
16の曲が流れるシーンを経てのこの曲名、この曲の流れ…泣けてくるのは私だけでしょうか。
霞を抜けて青色を目にする瞬間と同調する曲の盛り上がりで、毎度鳥肌立ててます。ええ。

18.I was Born for This
『私はこの為に生まれた』──。
エンディング中に流れる、唯一のボーカル曲。
Apotheosisのフレーズが入っている事に、サントラでやっと気が付きました。
この為に生まれてきた。そして再びの……。



プレイした感動込み込みですが、どれも良い曲でした。耳が幸せ。
どうやら作曲者さんの他の楽曲もiTunesにあるみたいなので、後から聞いて来ようと思っています。
| 風ノ旅ビト | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。