-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-19 (Tue)
どうも、えのんです。
台風、西日本を吹き荒れて行きましたね。
我が家のある辺りは夕方にちょっと風がキツかったな、という程度でさしたる被害も
無かったのですが、やはり地方によってはかなり大規模な避難勧告も出たとか……。
大きな被害が出ていない事を祈りたいですね。


さて、今日は久々に『風ノ旅ビト』のプレイ記を……
……って、このカテゴリに記事を書くの2ヶ月ぶりですかΣ
放ったらかしてるなあ、とは思っていましたが…ううむ、いつもの事ながら時の流れは早い。

台風日和だった今日、久々に時間が出来たのでPS3をネットに繋いだんですが
何と何と。海外での配信から遅れる事約2ヶ月。
ストアに『風ノ旅ビト』のダイナミックカスタムテーマが来ておりましたよ、奥さん!
配信されていたのはゲーム画面(というか、風景画面と言うべき?)を使ったものと、
コンセプトアートを使ったもの。
どちらも定期的に画面が変わっていくタイプで、アイコンや選択音なんかは
案外シンプルに作られていました。

近頃は(旅ビトの事に限らず)ネットチェックも疎かになっていたんですが、ここ1週間の内に
配信されたみたいで……すごいタイミングの良さを感じてしまいましたね(笑)
その上、ウォレットには何故か2000円も残金があったので
(多分、先月のスパイクセールで『ガチトラ!』辺りを買おうとして思い留まった分)
勢い良く2つ揃ってお買い上げしてきましたb

…なんですが、カスタムテーマの出来としては『Flowery』のテーマの方が好みかも。
暫く『Flowery』のを使っていたお陰で、特に選択音が地味に感じてしまうんですよね;
せめて選択・キャンセルだけでも、「ぽわ」の音だったら歓喜だったのに。

ともあれサントラもiTunes経由で発売され(少し前から『flOw』のも発売されましたv)
もう来ないかと思っていたテーマも配信されて……こりゃ否が応にも、海外Homeに存在する
旅ビトラウンジ&リワードの方にも期待しちゃいますね!
頼んまっせ、親分!(誰)


今日の前書き、終わり(笑)
本当に久々になった「風ノ旅ビト」低速巡航プレイ記、十一回目です。
どこまで書いたか私もちょっとあやふやになってましたが(…)
旅ビト達の旅路も、今回で丁度折り返し地点です。


それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。


→ ReadMore
スポンサーサイト
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
2012-04-21 (Sat)
少し前から「風ノ旅ビト」のBGMを作ったのがどんな人なのか、が気になっていたので
プレイ日記放ったらかし(笑)で暫く色々調べてみました。

作曲家さんの名前はAustin Wintory(オースティン・ウィントリー氏…で良いのかな?)。
「風ノ旅ビト」が処女作…という事はなくて、これまでにも色々な方面に
多彩な楽曲を提供されている、多分ビッグネームな方でした。
実際iTunesでも「風ノ旅ビト」以外にのアルバムを幾つか見つける事ができましたし
雰囲気もそれこそ「風ノ旅ビト」に似たものから、想像できない激しい曲調まで色々で
幅広い表現をお持ちの方なんだなー、と思ったりして。

で、この方のブログを翻訳機にかけつつ、自前の乏しい英語彙に照らし合わせつつ
読解してみたら、ちょっと面白い事が分かりました。

『風ノ旅ビトは、ジョーゼフ・キャンベルの作品からインスピレーションを得ている』

このインスピレーションを得た部分がゲーム全体なのか、はたまた楽曲に関してだけなのかは
私の英語力では残念ながら読み解けなかったのですが(汗)
そのジョーゼフ・キャンベル氏のWikiを覗いてみると、妙に頷ける事があったんですよ。

インスピレーションを受けたと書かれているのは、恐らく「英雄と輪廻」という作品。
その作品の構成が

1.Calling(天命)
2.Commitment(旅の始まり)
3.Threshold(境界線)
4.Guardians(メンター)
5.Demon(悪魔)
6.Transformation(変容)
7.Complete the task(課題完了)
8.Return home(故郷へ帰る)

に分けられているんだそうで。
……これ、実際に「風ノ旅ビト」をプレイした人なら、何となく頷ける流れになっている
ような気がします。CallingやThresholdなんかは、そのまま曲名にも使われてますしね。

このジョーゼフ氏の作品はあの「指輪物語」や、はたまた「マトリックス」の構成にも
影響を与えているんだそうで(Wiki情報)。
作品の一部は日本語化されているみたいなので、機会があれば一度読んでみようと思います。
……英語、読めたらなあorz


では長い前書きを終えて。「風ノ旅ビト」低速巡航プレイ記、十一回目です。
旅ビト達の旅はまだまだ続きます。戻れない坂道を下った先には何があるのでしょう──。


それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。


→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(0) | TB(0) |
2012-04-16 (Mon)
「風ノ旅ビト」、遂にStoreの評価数が1万件を突破したそうです。
この1万件、が国内限定なのか、それとも国外まで合算なのか、詳しい所は良く知らないのですが
どちらにせよ凄い記録ですよね。

「週間トロ・ステーション」が2年以上かけて築いた評価数を、発売1ヶ月待たずして
飛び越えてしまったってんですから……うん、ファンとしては嬉しい限りです。
これからプレイする人も、今までプレイした人と同じくらいだけの感動を味わえる事を
願いたいですね。

…相変わらず、国内Storeにはサウンドトラックもダイナミックカスタムテーマも
全くもって音沙汰なしなのが相当寂しくはあるんですがorz


では、久々の「風ノ旅ビト」低速巡航プレイ記、遂に二桁大台の十回目です。
塔の天辺を離れた旅ビト達は、また新たな場所を訪れる事に──。


それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。


→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(0) | TB(0) |
2012-04-11 (Wed)
よくよく考えてみれば、ブログ休止前の2年間も含めて「1つのゲーム」の事を
これだけ長く、沢山書くのは初めてな気がします。
ほら、飽きっぽいから。えのんさん(笑)

そもそもブログ復活への意欲を与えてくれたのもこの作品だから、
ずっと触れていたい、書いていたいと思うのはある意味当然かも知れないけど…
本当、このタイトルと出会えた事に感謝です。
旅ビトやってなかったら、スペランカーも無双Onlineもやってないと思うしね(笑)


では前書きも控えめに「風ノ旅ビト」低速巡航プレイ記、最後の一桁九回目です。
砂漠の中で見つけた塔、それは今まで見つけた何より異質な建物でした──。


それではネタバレ諸々どんと来いな方は、いつもの通り追記からどうぞー。


→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(2) | TB(0) |
2012-04-10 (Tue)
先日「風ノ旅ビト」のサウンドトラックが海外発売決定の報を聞いて

日本のPSNにはいつ来るのー?orz

と吠えてみたんですが……なんとなんと。
どうやら今日の午前中、PSN…ではなく、iTunestoreで配信開始されていたらしいのですよ!
…ええもう、帰って来てから喜び勇んでダウンロードしてきましたとも。
3000円のiTunesカード、使わずに取っておいた甲斐があるってモンです(笑)


ひとまず、一周聞き終わっての感想──。
これ程ゲームをプレイした人の感情と曲が直結するサントラも中々無いよね、という感じでした。

「風ノ旅ビト」をある程度プレイした人にとっては曲で綴る旅路そのもので、
殆んどの曲がどんな所で流れたのか分かると思うし、その時の情景まで思い出せる気がする。
でも全くプレイしていないとか、ちょっと変わった触れ方をした人にとっては
何となく良い曲だけど……で終わる気がするんですよね。

ゲームやドラマのサントラには、多かれ少なかれそういう部分があるとは思いますが
これは特にその部分が顕著な気がします。
沢山の人にお勧めしたいけど、実際にゲームをやっていない方にはまだお勧めしたくない。
そんな不思議なサウンドトラックでした。

ただ音響や曲の山までの長さが違う為か、ゲーム内とは印象の違う曲も少しありました。
何故か全ての曲名の後ろに(1)が付いてるんですが、これ(2)もあるんですかね?


で。今現在どうなっているかは分からないんですが、少なくとも私が購入した時には
サウンドトラック部門の売り上げ1位に、旅ビトさんの姿が燦然と輝いておられました。
何かもう……凄いよね。何処まで行けるんだろう、「風ノ旅ビト」。
一周して世界の果てまで行っても、私・えのんは応援しますですよー。


さて、折角久々にiTunesでアルバム買いをしたからには…やりたいじゃないですか、感想戦!
という訳なので、何はさておきやってみました(笑)
曲の感想というより、半分ゲームの感想になっている、かもしれない!

後半の曲になる程色々ぼかしてはいるんですが、やはりネタバレ色が濃い目なので
諸々大丈夫な方のみ、追記からどうぞー。


→ ReadMore
| 風ノ旅ビト | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。